BLOG

桧原湖フィッシングガイド 白鳥稔一のBlog 〜keep the faith〜

適材適所 (火, 20 3月 2018)
おはようございます。 日照時間も長くなり地域によりけりですが東北地方もようやく気温が上がってきましたね〜。 「最近暖かいね〜」と思えば「冷えたね〜」と、俗に言う三寒四温な寒暖を繰り返しながら少〜しずつ季節が進んでいるのを感じられますよね。 ま、とは言っても安定しないので水の中はまだ冬^_^ だい〜ぶ前な話のこの子。 {622AD6E3-B317-45AA-941B-B9C0012CDC16} サイズもまずまずでしたが、絞り込んでの貴重な1本は痺れましたよー‼︎ 大減水によって池の真ん中にコイやらフナやらワラワラと溜まっていましたが、どうやらバスはそのなかに混じっていないのでは? と感じ、目を付けたのが魚が溜まる沖ではなくダダっ広い泥底から硬めの地質に切り替わる足元のブレイク下。 だいたい70cmくらい?な水深のスポットに対して、30〜90cmのレンジを最も得意とするスーパーシャローランナーのDEX-CR52SSRでチェックするもノー感じ。 {220084BF-2843-4E77-86F9-44F2035E40EA} 余談ですが、52SSRはクランクベイトの代名詞的な「ブリブリブリ〜」ではなく「クルクルクル〜」と泳いでくれるロールアクション。ワーム感覚で使えるクランクなので楽しいですよ♩ 話は戻りまして、、、 まだまだ冬を引きずってるだろうし、大減水によるプレッシャーで横の動きはナシかな〜。 と、DEX-MV44(AKA)のショートピッチのリフト&フォール(20〜30cmくらい)で丁寧に撃ちなおすとズドン‼︎ {5BA7E7DC-7663-4584-A022-61EB86C20832} それにしても皮一枚のヒヤヒヤもん。。。 ファイト中から皮一枚が見えてたもんだから尚更w DEX-MVの良さは皆さんも体感して頂いてますし釈迦に説法な話ですが、僅かな水深で超ショートピッチなリフト&フォールであっても立ち上がりの速いDEX-MVはしっかりとバスにアピールしてくれて、安いが取り柄じゃない本気で使い倒せるメタルバイブ。 ちなみに、喰ってきたスポットは全体的にゲキアサのなか気持〜ち深めに落ちてた足元の泥底と赤土の際。 ただし。 春が近いからシャローだ! 暖かくなってきたから足元のシャローに差してきた‼︎ だったのではなく、 おそらく、普段このちょっとした変化と若干の深みを越冬スポットとしていたところに、たまたま減水が進んで釣り人の足元に露わになったのでは?と。 バス:沖は鯉とフナがワラワラいてノンビリできないし、ここならヤツらたまにしか来ないし、太陽のお陰で居心地いいし風が止むと稚ギルも近くに来てくれるし、今日は暖かいけどどうせまた冷えるしこのままでいっか。。。的な^_^ ま、バスに聞いて見ないとなんともですがw セオリーだから!と決めつけずに、自分なりの仮説とイメージを現場で当てはめながらトライ&エラーを繰り返して、自分のイメージと実際の現場との誤差を修正しながら魚を探していくのがバスフィッシングの楽しみ方のひとつだな〜と改めて感じさせてくれる1本でしたね。 なぜカラーはAKA? {BFC99DE5-C0CC-4461-A5B8-419ED56C700B} 捕食しているベイトに合わせたり水の色を基準にしたりと色んな考えがありますが、僕は背景や地質の色も基準にもしています^_^ ひとつ言えるのは、特別なことを考えられる性ではないのでねw 今回は竿にも助けられましたがまたの機会に♩ SHIRO. 【ロッド】 Abu Garcia Fantasista FC-611MXG-FM MGS 【リール】 Abu Garcia   Revo LV7- L 【ライン】 G-SEVEN トーナメントジーン12lb 【ルアー】 Berkley   DEX-CR52SSR DEX-MV44/6g(カラー:AKA) 早く桧原湖開幕しないかな〜。
>> 続きを読む

ありがとう。 (土, 17 3月 2018)
こんばんは。 またまたご報告を。 年明けに身内で不幸があり、報告できずにいましたが白鳥家はお陰様で新しい命を授かりました(^^) 巡り巡って授かった命。 無事に産まれてきますように〜。 父ちゃん頑張れよ‼︎ SHIRO. {4E1B3A21-CFD4-4704-871E-209E864BE5CF}
>> 続きを読む

DEXで釣り勝つ③(Berkley DEX-SC55F) (日, 25 2月 2018)
こんばんは。 DEX-MN90SPで食わせの間を掴んだところで、今回最もハマってくれたのが。 DEX-SC55F(SC=シャッディングクランク) {77E3F013-EF32-49F4-89A6-547FCB53A94C} ハイフロート設計でフラットサイドクランクに近いパタパタとした泳ぎが特徴ですが、ゆっくり巻くとヌメヌメ、スピードを加えるパタパタッ!とキレのあるフラタリングアクションも見せてくれます。 このSC55Fのキレのあるフラタリングを生かしたボトムワーミングが大爆破でボッコボコ。 {581AE657-4435-4E8D-8A22-6292BEFBF938} {68DC944E-F216-4E20-A079-D2B2FC127ADF} サイズは63と55の2サイズありますが、より泳ぎがタイトな55を選択(写真は3月発売の新色) {D5549198-B0C2-4E61-8DD0-18A449091D1C} バスのクセが分かったのでウエイトシールを貼ってボトムでの食わせに注力。 {3799BBBB-D909-4198-842A-84BCB3425BCF} {E3617961-0BA4-4E3E-BFF8-C676D426634E} リーリングではなくロッドワークをメインに使った操作で、トゥイッチ→ステイの繰り返しなので何も特別なテクニックではありません。 パッ! と動いて モワンと消えて? またパッと現れる。 セミコフィンリップを採用していることで、ボトムに当ててもルアーが跳ね上がらないのも食わせ方に合わせられたポイントだっかなと。 また色でもハッキリと差が出て、3月発売GC(ゴーストクロー)が圧倒的に効きましたね。 {AEFE549A-523F-46C1-BC9E-3558BF2AFEBE} 透けたダークグリーンがクリアな水質でも程よくカモフラージュ。ボトムを利用して土煙を使うことで消えては現れる色を演出できバスを飽きさせずにバイトを得続けられましたね。 もちろん、マッディーウォーターでも効く探させるカラーなのでおススメですよ〜。 ちなみに、『今日は勝ちます』と朝から意気込んでいたPFJのA山くんは、結局僕の真似をしてDEX-SC55のワーミングでご満悦www {E9F3DD16-C670-4FF1-A627-F053FFE0F98A} 余程釣りたかったらしく、朝イチからGulp!をキャストしていたのは内緒ですwww。 余談はさておき、数もボコボコに釣れて楽しい時間でしたが僕が大事にしたいのは答えに行き着くまでのプロセス。 今回はバスがいる前提の管理釣り場という、自然のフィールドと違ったシュチュエーションでしたが、た〜だキャストしてグリグリ巻いてりゃ釣れるほど簡単ではないですし、魚のクセや人的プレッシャーなども含めた中でいかにバイト率をあげていくか。 そこも含めたゲーム展開が学びであり醍醐味でもありますよね♩ {0B76C823-FAE3-4398-891F-01BCDE717D47} {4FF976C6-C299-42CA-A468-D93DAC78A0F8} 初心者からベテランまで、誰が使っても同じようにしっかりと泳いでくれて、釣れる要素をギッシリと詰め込んだBerkley DEXシリーズ。  忘れられない瞬間との出逢いをサポートいたします‼︎ SHIRO. 【ロッド】 Abu Garcia ホーネットスティンガーPLUS HSPC-661MS MGS 【リール】 Abu Garcia   Revo LT6- L 【ライン】 G-SEVEN トーナメントジーン8lb 【その為】 Abu マルチツールカラビナ (トゥルーチューンで使用)
>> 続きを読む

DEXで釣り勝つ②(Berkley DEX-MN90) (火, 20 2月 2018)
おはようございま〜す‼︎ ちょっと時間が経ちましたが続きを。 DEX-MVで足元のブレイク下を探っていきましたが、釣れるは釣れるけど思った以上にハマりきらない。。。 目線を合わせて止めてあげたほうがいいのかな? ということで 次の展開はDEX-MN90SP {D41590D3-6557-4C28-8EE0-5F40017B8D14} MN90の持つ、メリハリとキレの効いたロールアクションとキチッキチッと止まってくれる特徴を生かしてトゥイッチとステイの組み合わせ。 『見せる間』と『逃げる間』をつくるためにSPモデルをスローシンキングに。 {F7FA9936-BE93-4D33-BCD5-932BA2AC8920} これがハマってバイトラッシュ。 {823C1DDA-8E18-44A8-B84A-DAD5BFD0F25F} (キングフィッシャーさんより拝借) MN90で何本釣ったか覚えてませんが、要は食わせ方を煮詰められたのが一番の学びです。 {7F514EC8-59BC-4A7A-A672-DCF436A44C01} (キングフィッシャーさんから拝借) 時期的に、ステイ中のバイトがほとんどなのでラインメンディングは小マメにとってあげることは貴重なバイトを逃さない為にも重要で、このステイ中の『トン』『ツン』と言った、ティップやラインに出る僅かな変化を掛けにいくのがこの時期のシャッドやミノーの醍醐味ですよね。 基本的に 1アクション→ステイ→2アクション→ステイ。 の繰り返しからスタートさせますが、アクションの強弱やステイの時間は天候やバスからの反応を見ながら徐々に変えていくといいですよね。 ちなみに、今回は3〜5秒くらい止めてあげるとバイト数が増えましたよ〜。 そして、MN90のもう1つの特徴。 と言うか、ドリルダートが生む副産物的な特徴として、トゥイッチやジャーク後の止まった瞬間に見せる『ブルッ』と僅かに揺れる仕草も、バスの本能を刺激するトリガーなんでしょうね。 水温が上がり始めてからは、ステイからトゥイッチした瞬間の『ドスン‼︎』とひったくるバイトも増えてジャークベイトの醍醐味も楽しめました♩ 弱く短いトゥイッチでもパッとキレよく反応してくれて、ピタッと止まる。 静と動のメリハリが効いてスリリングで楽しい展開でした‼︎ 誰でも簡単にジャークベイトに必要な動きが出せるDEX-MN90シリーズは様々なシュチュエーションで良い仕事してくれてますのでおススメです。 {57A9A09A-2F97-4A1D-A606-5E4BBF8638EA} {1C4B8662-3715-4741-8DC3-EF14D4333708} {0AE97507-ADF0-4BC6-BCD6-6B434ADB3317} 今回もっとも魚を引っ張ってきてくれたDEX-SCシリーズはまた次回。。。 {64E4CF5C-ECBE-4D81-8ADD-E5574C42A54C} 【ロッド】 Abu Garcia ホーネットスティンガーPLUS HSPC-661MS MGS 【リール】 Abu Garcia   Revo LT6- L 【ライン】 G-SEVEN トーナメントジーン8lb 【その為】 Abu マルチツールカラビナ (トゥルーチューンで使用)
>> 続きを読む

DEXで釣り勝つ① (火, 20 2月 2018)
 おはようございます!! 先日、初トライしてきた栃木県にあるブラックバスの管理釣り場キングフィッシャーさん。 今回は動画の撮影も兼ねて行ってきましたが、季節も季節だし加えて連休のド真ん中。。。 朝に挨拶をさせて頂いた際の管理人さんからの情報では、人も多いし難しいかもよ〜。ワームが無難じゃない? といった、何とも微妙〜な感じ(笑) ハードベイト縛りで大丈夫かな〜。。。 と不安が頭をよぎりましたが 蓋を開けてみればBerkley DEXのみでボッコボコ♩ {50DA20DC-C07A-4EEC-889B-DA4BB884DC6F} {FA29F96B-BE28-4925-A293-60A21443AC07} 初めてのフィールドだし、魚がいる前提の状況なので断定的な事は言えませんが、プレッシャーが高いとは言えルアーの特徴と使い方さえ合わせらればワームより効率が良いし倍釣れる、しかも、むしろ今時期だからこそハードルアーが活きてくる。そして、何より楽しい♩ 過保護に育った養殖のバスだけどDNAは同じフィッシュイーターなので本能に訴えかければちゃんと応えてくれる。かな〜と。 数あるDEXシリーズの中から今回は3つのシェイプで展開して行きました。 まずは、バスのポジションと状態を確認したくて投入したDEX-MV(メタルバイブ) {6D03565C-B3B7-4432-A599-FB0F5343B392} 本当に多くの皆さんに使って頂いている使い倒せるメタルバイブ。 サイズは40/44/49/54の4種類。 今回は40サイズ(6g)をショートピッチで足元のブレイク下をテンポ良く探っていきました。立ち上がりも早くてピッチも細かく動いてくれるので誰でも手軽に操れちゃいます。500円というコスパも最高なので根掛かりを恐れず使い倒せる優秀な子です。 ちなみに、今回は足元メインで使用したのとバス自体が底ベタなので、アイは後ろの穴を使用。 {8FCBAD70-6458-416E-AE67-3C96088EF977} これによってルアーが前に進もうとする力が抑えられ動きもちょいワイド=より上下運動をさせやすくなりボトムでジッとしているバスの目の前でより数多く動かせる。 メタルバイブは低水温期には特に機能するルアーですが、ちょっとした変化でより釣れるようにもなるので、色々と試してみてください。 また、ロッドストロークは20〜30cmを瞬間的にテンポ良くリフトしてあげれば十分だと僕は思っています。たま〜にブルブル〜〜と長いストロークで誘ってダラ〜っと落とす方を見かけますが、よほどのハイシーズンじゃない限りわざわざブルブル泳ぐバイブをバスがヨイショ‼︎と食べに来るのはあまり考えにくいですからね♩もちろん、それでも釣れる時はありますけど、効率を考えると低水温期は『パッ‼︎』と目の前に現れて『スッ‼︎』と何か隠れる。がコツですかね。 なんか長嶋茂雄みたいな表現ですんませんw ポジションも同じ三塁手な元野球人なので勘弁してくださいw 基礎となるテクニックを成田プロが分かりやすく解説してくれてますのでコチラを参考にしてみてください。 春に近くにつれて徐々に出番が少なくなるMVですが、まだまだ状況によっては良い仕事してくれますので、まだ使ったことがない方は是非一度試してみてください♩ 釣れたは釣れたけど、上下の動きにはイマイチ。 からの・・・ 次回はDEX-MN90シリーズです。 【ロッド】 Abu Garcia ホーネットスティンガーPLUS HSPC-661MS MGS 【リール】 Abu Garcia   Revo LT6- L 【ライン】 G-SEVEN トーナメントジーン8lb 【その為】 Abu マルチツールカラビナ (トゥルーチューンで使用)
>> 続きを読む